MetaTrader4
ダウンロード

このソフトはMetaTrader4において起動する為、ご利用を開始する前に、先ずはPCでMetaTrade4(MT4)をPCにダウンロードしていただく必要があります。
MT4は各FX業者からのサイトしかダウンロードできません。その為、今回はメジャーであるXM業者からMT4のダウンロードの説明をします。(他の業者でも問題ありません)
先ずは、XMからMT4をダウンロードします。

Windows版ダウンロード
https://www.xmtrading.com/jp/mt4

Mac版ダウンロード
https://www.xmtrading.com/jp/metatrader-mac

MT4インストール手順

「xmtrading4setup .exe」というファイルがダウンロードされたら、そのファイルを実行してMT4をインストールします。

実行すると、コンピューターへの変更許可ダイアログが出るので「はい」をクリックします。

インストール完了と同時にブラウザで「MQL5」というサイトも表示されるが、これは閉じてしまって大丈夫です。

デモ口座開設

MT4はどこかのサーバーにログインしないとチャートを表示することができない為、デモ口座を開設します。
(MT4口座がある証券会社なら何処でも大丈夫です)
XM公式サイトTOP「デモ口座開設」をクリックする。
https://www.xmtrading.com/jp/



MT4を起動する

デモ口座開設後、MT4を起動します。
「ファイル」から「データフォルダを開く」をクリックしてデータフォルダを開きます。

※フォルダを開くときは必ず「データフォルダを開く」から開いて下さい。MT4をインストールしたフォルダ内とは違う場所の可能性が高いです。

データフォルダ内にあるMQL4を開きます。

Indicatorsフォルダにtoushimaster-signalに入れる

MQL4を開くと「Indicators」フォルダがあるので、その中に「toushimaster-signal」を入れます。
ナビゲーター内の「インディケータ」を右クリックして「更新」をクリックします。
「インディケータ」の中に、「toushimaster-signal」が表示されていれば、MT4にマスターシグナルを入れる作業は完了です。

Macの場合

Optionキーを押しながら、画面上部のメニューにある「移動」をクリックすると「移動」の項目の中に「ライブラリ」が表示されるのでクリックします。

ライブラリのフォルダーが開くので、「Application support」をクリック

「com.XM.MT4_(番号/または文字列が続く)」というフォルダがあるのでクリック

「drive_C」をクリック

「Program Files」をクリック

「XM MT4」をクリック

「MQL4」をクリック

「indicators」をクリックし、その中にtoushimaster-signalを入れてください。 PCを再起動したら完了です。

マスターシグナル設定

MT4を起動させます。
左上の「表示」のタブをクリックします。その中の通貨ペアリストをクリックします。
8つの銘柄(日経225、NYダウ、S&P500ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドル、豪ドル円)を選んでください。

左上の「表示」のタブにある気配値をクリックし選んだ銘柄を表示させます。

チャートを表示させる

銘柄を選びそのチャートを表示させます。(いくつか方法はあるが、銘柄を右にスライドさしても表示される)

マスターシグナルを表示させる

左上の「表示」のタブをクリックし、ナビゲーターを表示させます。
「インディケータ」内にある、toushimaster-signalをチャートにスライドさせます。
スライドさせるとインディケータの情報が出てくるので「OK」をクリックします。

完了

OKをクリックすると完了です。

(画面サイズの調整は好みでして下さい)

狙える通貨を選ぶ

複数の銘柄を表示させ、チャンスがある銘柄に狙いを定めます。