銘柄

通貨

ドル円
初心者が最も取引しやすい通貨ペアです。スプレッドが最も狭いという特徴があります。
比較的安定した値動きをする通貨ペアです。
しかし、世界経済が大きくダメージを受けると値動きが激しくなることがあります。

ユーロ円
外国為替市場で取り扱いが多い通貨ペアです。トレンドが出やすい傾向にあり変則的な
動きがそれほど多くないというのも特徴です。
利益が出しやすくスプレッドの狭い傾向がある通貨ペアとなっています。
しかしボラティリティが高い場合もあるので取引時には注意が必要です。


ユーロドル
世界で最も取引量が多い通貨ペアです。
ドル円と比べて、値動きが激しく、アジア時間は比較的緩やかな値動きです。
欧州時間(日本時間15時~)から動きがでる傾向にあります。
欧州や米国の金融政策や経済動向に左右されるので注意が必要です。


ポンド円
ドル円、ユーロ円より値動きが激しい通貨ペアです。
ドル円とポンドドルのレートを掛け合わせたものがポンド円のレートとなります。
よって、ポンド円単体の値動きに加えてドル円とポンドドルの値動きにも注意しないといけません。

豪ドル円
取引量は他の主要通貨に比べるとそこまで多くはありません。
経済活動において中国と密接な関係にあることから、中国経済の影響も受ける通貨です。
株価と連動し易い通貨ペアと言われています。

CFD

日経平均225
東京証券取引所1部上場銘柄のうち、代表的な225銘柄の株価を平均した株価指数です。

S&P500
時価総額においてアメリカの株式市場の75%を占める米国株を代表するメジャーな指数です。
代表的な500銘柄の株価を指数化したものです。

NYダウ
最も有名な株価指数です。世界の景気や経済の先行きを測る指標として注目されています。
米国に数多くある企業の中でも濃密な30銘柄です。